革靴の色は黒色?茶色?どっちがいい?迷ったときの選び方

スポンサーリンク
オススメアイテム

革靴の色って迷いますよね。

主に黒か、茶色か。茶色でも明るいブラウンかダークブラウンか。

洋服はセンスや感覚的なイメージがあるかもしれませんが実はロジックです。

起源やルーツを知れば基本のコーディネートは簡単です。

当然ですが洋服を日本人よりはるかに長く着てきた歴史をもつ欧米人はそのロジックを身に着けているのです。

なのでロジックで色を考えてみるといいですよ。

 

用途で考える

黒はフォーマル

まずルーツとして黒はフォーマルな色です。もしくは都会的な色です。スーツやビジネス用の1足目なら黒がおススメです。また冠婚葬祭の靴は黒のストレートチップがマナーです。寛容にはなってきていますが、基本的なマナーとして押さえておくべきです。コーデのテクニックでハズしとかよく言いますが、基本を知らなければハズす事もできません。

ちなみに林勝太郎氏のこちらの本が参考になりますよ。

 

黒靴をカジュアルで使用するなら引き締まってスタイリッシュな印象になりますのでそれもありですね!

 

茶系はカジュアル

そもそも茶色の靴はワークやアウトドアがルーツ。砂や泥がついても目立たないからです。

仕事でスーツを着ないしカジュアルで購入を考えている人なら茶系の方が使いまわしが聞きます。スーツならば2足目に持つといいでしょう。

 

景観で考える

景観に合わせてコーディネートをするのが最も簡単で、最も気持ちよくすごせます。

オシャレな人、とくに女性はここを意識している人が多いです。

極端な例でいえば南国へ行くのに真っ黒の服で行く人はあまりいませんよね。違和感を自分でも感じてしまいます。

グレーのアスファルトの多い都会なら黒の革靴、自然豊かなところへ行くなら茶色の革靴、と決めてしまえばとても楽にコーデができますよ。コーディネートをTPOや景観に合わせる人は見る人をも心地よくさせます。

なにより調和がとれるので自分が心地のよい豊かな気持ちになれるでしょう。

 

茶靴を好む南イタリアと黒靴を好むロンドン

欧米人は昔から景観に馴染むように洋服をコーデしてきました。

南イタリアはネイビーのスーツに茶色の靴を合わせるスタイルが多いです。アズーロ・エ・ロマーネと言われ、アズーロはイタリア語で空で、マローネは栗。青系と茶系はイタリア人が好む組み合わせです。

南イタリアは温暖な気候で海に面しており、グレーのビルより茶色い建物が多いので景観に馴染みます。

 

一方ロンドンやアメリカ東海岸のビジネスマンはグレーやダークスーツに黒の革靴を履く人が多いです。グレーのビルやアスファルトが多くあるからです。天候も曇りがちですしね。

 

好みで考える

本末転倒ですが、かっこいいと思える好みの色の靴を買うのが一番ですね(笑)

ただルーツやロジックを理解したうえで選びましょう!

少しずつ買い足して、あとは用途に合わせて使用するといいでしょう。物を所有しないミニマムな時代とはいえ、今日は何色の靴を履こうと考えることは楽しい物ですよ。いい靴は気分を高めてくれます!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました